ここんとこの横砂園

 

携帯ページ

選りすぐりのショッピング情報サイト Plat Park

HOME»  コンテンツ»  たのしく、ティータイム。日本茶

たのしく、ティータイム。日本茶

なにはさておきやっぱり日本茶、ですよね。

現代食生活の多様化によって、食後のお茶も日本茶とは限らなくなってきました。でも、お茶にする(休憩する)といえば日本茶を指す方もまだまだ健在です。気軽に美味しく味わいたいですね。

【茶葉の量】 一人分を、大きめのスプーンに一杯程度を目安に、好みで増やしたり減らしたりしてください。

【湯の量】 湯のみの分量×人数分の湯を注ぎます。この時、人数分の湯のみにいったんお湯を入れ、その湯を茶葉を入れた急須の中にすべて注ぎ入れます。こうすることで湯のみも温まりつつ湯温を下げることができ、又急須の中に余分なお茶を残すことが無いため、2煎目も美味しくいただくことが出来ます。

【湯の温度】 玉露なら60℃、煎茶なら80℃程度が目安です(ただし玄米茶・ほうじ茶は高温で淹れた方が良いです)。いくつか湯のみを用意して温度を下げるのもお手軽です。おおむね一度湯のみにとることで7~10℃下がります。

【蒸らし時間】 次に大切なのが蒸らしの時間です。100℃近い湯温で淹れる玄米茶・ほうじ茶などで30秒程度、煎茶で1分程度、玉露なら2分程度は蒸らす必要があります。
カップ型の茶漉しがセットされた急須を使う場合は、なるべく
茶漉し部分が大きい急須を選択することで茶葉が十分に広が
り、旨味を引き出すことができます。